国が認めた借金救済制度とは?債務整理のデメリットやリスクを学ぼう!

「国が認めた借金救済制度って何?」借金を抱えている方なら気になりますよね。それは「債務整理」のことなんです。今回は、借金の減額や免除ができる債務整理について詳しくお伝えします。

借金を背負っている方を救うのが債務整理ですが、デメリットもあることを覚えておきましょう。「どんなリスクがあるの?」メリットと一緒にデメリットも覚えると良いでしょう。

また、借金はいくらからがヤバいか知ってしますか?その目安やヤバいと言われている理由もお教えします!「借金地獄でお金がないけれど債務整理をしたい…」そんな時に利用できる法テラスの制度の説明もぜひ参考にしてください。

国が認めた借金減額制度って?債務整理を解説

「借金返済がもう限界…」借金まみれで困った時、国が認めた借金減額制度を利用できるって知っていますか?「債務整理」という法律で定めされた借金問題の解決方法があります。

債務整理は主に3つの手段があり、弁護士や司法書士に依頼できます。借金減額の特徴や向いいる人などはそれぞれ異なります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理はどんな借金減額方法か?

任意整理は、元金よりも「利息」や「遅延損害金」の返済負担が多く、借金の返済が困難な場合、将来利息(遅延損害金も含む)をカットできます。借金の総額が減額され、元金を3~5年かけて完済します。

【メリット】

  • 返済期間が延長され、月の返済も減り楽になる
  • 取り立てが止まる
  • 裁判所を通さないので、周囲にバレる可能性が低い
  • 比較的費用はかからず、短期間で手続きができる
  • 浪費やギャンブルが借金理由でも手続き可能

【向いている人】

  • カードローンやリボ払いなど利息が膨らんだ人
  • 借金総額が多くない人

個人再生はどんな借金減額方法か?

個人再生は、裁判所の判断に認められると5,000万円までの多額の借金を1/5 程度に大幅減額ができます。毎月の返済がかなり楽になります。

【メリット】

  • 3~5年で完済を目指す
  • 住宅ローン特則でマイホームは残せる
  • 任意整理同様、借金の原因は問わない

【向いている人】

  • マイホームなど財産を失いたくない人
  • 特定の職業についている(士業など)

自己破産はどんな借金減額方法か?

多額の借金があり、完済の見込みがないと裁判所に判断されると返済が全額免除になります。

【メリット】

  • 借金の返済がなくなり、借金から解放される
  • 人生の立て直しや再出発ができる

【向いている人】

  • 自力返済が困難なくらい多額の借金がある人
  • 借金から解放され新たな第一歩を歩みたい人
  • 大きなデメリットの覚悟や理解がある人

借金減額シミュレーターを使えば借金減額がわかる!

債務整理は、弁護士など専門家へ依頼してこそスピーディーに手続きができます。ですが、「弁護士はハードルが高い」「借金が減額できるかだけでも知りたい!」という方におすすめなのが「借金減額シミュレーター」です。

簡易診断ですが、以下の診断が簡単にできます。

  • 借金を減額できるかどうか
  • 最適な債務整理のう方法はどれか
  • 過払い金があるかどうか

【メリット】

  • 24時間いつでも、自宅にいながら利用OK
  • 無料でできる(料金を請求される場合は詐欺の可能性)
  • 匿名利用ができる
  • 診断結果次第で、専門家に債務整理の依頼ができる
借金減額シミュレーターは、弁護士など法律事務所が運営しています。ですから、借金減額シミュレーターの利用を通じて、専門家へ相談や依頼しやすくなり借金問題の解決へ繋げる仕組みになっています。

弁護士は敷居が高いというイメージを払拭し、気軽に専門家へ相談し借金問題を解決できるマッチングのような役割をしています。

債務整理にはメリットばかりではなくデメリットも存在!事前に知ることが大事

先の説明では、債務整理は借金の減額や免除などメリットしかないように感じられますね。ですが、知っておかないと後々、手続きを後悔するようなデメリットもあります。

債務整理のデメリット

  • 信用情報機関へ事故情報が登録
  • クレジットカードの利用停止
  • 新規ローンを組めない
  • 官報に個人情報の掲載(個人再生、自己破産)
  • 個人再生や自己破産は裁判所を通す
  • 車の処分(個人再生、自己破産)
  • 住宅、家財、不動産の没収(自己破産)
  • 職業制限(自己破産)

債務整理をすると金融事故として信用情報機関に登録されます。

登録が抹消される5~10年間は、クレジットカードの利用の停止、新規作成、ローン契約はできません。3つの手段の共通のデメリットとして、債務整理を検討する段階で知っておく必要があります。

事前に知っていれば、住宅ローンや子供の教育ローンなど、リスクを回避して債務整理を行うことができます。

個人再生や自己破産は、裁判所手続きや官報の掲載など費用も高額になります。また、借金の大幅な減額や免除を受けられる反面、財産の没収など厳しいデメリットもあります。

自己破産は、債務整理の中でも1番リスクが大きくなります。手続き後は、最低限の家財、わずかな現金の保持などかなり厳しいものになります。家族がいる場合は、隠さず素直に打ち明け、デメリットを理解して貰わないといけません。

任意整理と個人再生は完済が条件です!安定した収入がないと手続きできないことを覚えておきましょう。

債務整理に向いていない借金もある

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 奨学金

低金利なので債務整理をしても、思うような借金の減額が望めない可能性があります。

借金はいくらからがヤバい?目安は借金100万円だと覚えて!

そもそも借金っていくらからがヤバいのでしょう。総量規制(借金の借り入れ上限)では年収の1/3を超える借金はできません。年収が600万円だとすれば200万円が上限になります。

年収が300万円以下で借金100万円あるとすればかなりヤバいと言えます。借金100万円ですと金利も15%と高く、返済期間も長くなります。収入が少ないと返済の負担も大きくなります。

目安として、借金が100万円を超えたらヤバいと認識しましょう。

借金100万…比較的金額が低い場合にできる債務整理とは?

借金が100万円あり返済が大変な場合、債務整理でおすすめなのが任意整理です。先述通り、将来利息のカットができます。

カードローンやショッピングリボで返済が困難であれば利息を減らせます。裁判所を通さず、手続きも比較的簡単に済ませることができます。

任意整理は大幅な減額はできません。思うように減額できない場合もあり「任意整理をしなければ良かった」という口コミもあります。

手続きをすると信用情報機関(ブラックリスト入り)、クレジットカードが使えないなどデメリットがあります。借金減額が希望通り叶わなくても、手続きをするとデメリットを背負うことになります。

借金返済が困難…借金まみれでも債務整理を諦めないで!

債務整理は、弁護士費用や裁判所費用がかかります。「借金でお金がない状態なのに高額な費用の準備なんて無理…」お金がない人は債務整理を諦めないといけないのでしょうか。

法テラスは、法的トラブルの総合案内所です。借金地獄の状態でお金がなくても「法テラス」の制度の利用で債務整理を行えます。

借金問題の相談先や解決方法を知りたい時は、情報提供をしてくれます。また、収入や財産など一定の条件を満たすと、無料相談や弁護士費用の立て替え制度が受けられます。弁護士費用の立て替え後は、月5,000円から分割で返済になります。

法テラスは、お金のない人の味方となり債務整理の援助をしてくれます。

国が認めた借金救済制度は債務整理のこと!メリット、デメリットを把握してこそ成功する

債務整理の3つの手段について詳しくお伝えしました。債務整理をすれば、借金地獄や借金まみれの状態から救われるはずです。

借金の減額や免除など、借金で苦しんでいる方を救うというメリットがある反面、ブラックリスト入りやクレジットカードの利用停止など生活面で不都合を感じるデメリットもあります。

債務整理を検討したら、メリットと合わせてデメリットも覚えると良いですね。また、債務整理は専門家に依頼してこそスムーズに手続きが進められます。

まずは、1人で悩まず専門に相談しましょう。いきなり訪問するのはハードルが高いという方は、減額シミュレーターの利用から始めてはどうでしょうか。