日中韓若手アーティスト・キュレーター・リサーチャーによる展覧会プロジェクト

2019.9.20 – 2019.9.22


日中韓の若手アーティスト等が共同し、互いの文化的差異や共通項を模索しながら、様々な議論をもとに現代アートの展覧会を実施。


日中韓出身のアーティスト・キュレーター・リサーチャーが共同し、ひとつの展覧会をひらきます。

展覧会のタイトルは、「空席についての詩論」。

アジア各国の出身者が東京という土地で暮らすことや、国際性がもたらす、メンバー各自の価値観の差異などから、「居場所」をテーマに、土地と人、人と人の関係を問いなおします。
言語のちがいや、共通する根源的なものへのアプローチのひとつの手法として「詩」や「哲学」を引用しながら、「居場所」をあらためて思考する場所を構築します。
ときには、根源的なところや、神秘的なところまで立ち戻り、そして現代社会に生きることを議論してきたことを、可能な限り多くのひとと共有できることを願います。どうぞご覧ください。

クレジット

〈主催〉
朝から夜

イベント情報

日程

2019年
9月20日(金)〜22日(日)
13:00〜19:00


料金

入場無料


申込み

事前申込不要


会場

ぞうしがや こどもステーション


問合せ

朝から夜
infoallinfo50@gmail.com


このプロジェクトについて