イメージフォーラム・フェスティバル2019 in 豊島

2019.9.21


アジア文化殿堂シネマテーク・プログラマーのキム・ジハ氏による上映とプレゼン「韓国実験映画略史1969-2013年」。


実験的な映画、アニメーションなどの映像アートを上映する「イメージフォーラム・フェスティバル」は、東アジア地域を対象とした公募コンペティションを行うなど、中国・韓国に重点を置いた活動をしています。
イメージフォーラム・フェスティバル2019 in 豊島では、韓国の国立アジア文化殿堂(ACC)のシネマテーク・プログラマー、キム・ジハ氏を招聘し上映およびプレゼンテーションを行います。
ACCは、1980年の光州事件のメモリアル・スペースとして改築された光州市の旧道庁舎を中心に、広大な敷地を持つ複合的芸術センター。実験映像については2015年より日本を含むアジア全域の作品を収集・保存し、「ACCシネマテーク」として定期的に上映活動を行っています。これまで体系的にほとんど日本で紹介されてこなかった韓国の実験映画をACC所蔵作品を中心に「韓国実験映画略史1969-2013年」と題して8作品を上映、キム・ジハ氏によるトーク、質疑応答を行います。
※Photo:ビュン・チェギュ作品「写真的調査」

【上映作品】
「24分の1秒の意味」 キム・クリム/1969
「穴」 ハン・オクヒ(カイドゥー・クラブ)/1974
「無題77―A」 ハン・オクヒ(カイドゥー・クラブ)/1977
「私を超えて」 イム・チャンジェ/1996
「記憶の表面、表面の記憶」 イ・チャンウク/1999
「ブレス」 チャン・ミンヨン/2007
「8ミリ・ヴァーティゴ」 スク・ソンスク/2011
「写真的調査」 ビュン・チェギュ/2013


キム・クリム作品「24分の1秒の意味」

キム・ジハ(アジア文化殿堂シネマテーク・プログラマー)

クレジット

〈主催〉
イメージフォーラム

イベント情報

日程

2019年
9月21日(土)
19:00〜21:30(開場18:45)


料金

一般1,500円
学生800円
イメージフォーラム会員1,100円


定員

56名


申込み

当日受付のみ
当日に受付でチケットをお求めください。


会場

シネマハウス大塚


問合せ

イメージフォーラム(担当 黒小)
krk@imageforum.co.jp
TEL 03-5766-0116


このプロジェクトについて