国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)

2019.11.15 – 2019.11.17


現場の最前線からマンガ・アニメの未来を描く、日本初のボーダーレス・カンファレンス


国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(略称 IMART(アイマート))は、マンガ・アニメの未来をテーマにしたカンファレンスをメイン・プログラムに据えた国際フェスティバルです。
マンガ・アニメ業界の現在におけるリード・カンパニー(あるいは個人)をパネリストや講師としてお迎えし、その知見を共有します。参加者がここで学びを得ることによって、いま激変の時期を迎えつつあるマンガ・アニメの未来を作り出すためのそれぞれの活動に活かし、さらなる新しい可能性を生み出すことを目指しています。
また、かつて戦後のマンガ・アニメ界の基礎を築いた「トキワ荘」のあった豊島区が、国内のマンガ・アニメの発信・交流拠点として随一の都市となり、同時に、次代を担う日中韓を中心とした海外と日本の企業・作家の交流を生み出すハブとなることを目標としています。
IMARTの開催に先駆けたプレイベント(マンガミライハッカソン&アニメーテッドラーニングとしま2019)では、マンガ・アニメそれぞれの新たな可能性・新たな作り方を実験する試みを行いIMART期間中に成果発表を行います。

プログラム

基調講演

マンガ、アニメそれぞれの分野のイノベーターであり業界を牽引するリーダーによる基調講演。各セッションへも繋がるトピックを含みながら、プロ・アマや業界を問わず、幅広い方々にご参加いただけます。入場無料。

会場:としまセンタースクエア(豊島区役所本庁舎1階)

松谷孝征(手塚プロダクション代表取締役社長)
漫画雑誌編集者時代(実業之日本社)に手塚治虫の担当編集者を経験後、1973年4月、手塚治虫のマネージャーとして、株式会社手塚プロダクションへ入社。85年4月、同社代表取締役社長になり、現在に至る。カラー版「鉄腕アトム」・「ブラック・ジャック」等数多くのTVシリーズや「火の鳥」・「ジャングル大帝」等、手塚治虫原作の劇場版アニメーション映画のプロデューサー。
【日程】11月15日(金)18:30-20:00
*基調講演の前に(18:15〜)開幕セレモニーがあります。

塚本 進(株式会社KADOKAWA 顧問 海外担当/株式会社ジャパンマンガアライアンス 顧問)
1980年、トーハン(当時東販)入社。雑誌仕入、海外事業開発課、台湾東販に総経理として4年半現地に駐在。98年、角川書店に転身、台湾に9年香港に4年駐在しその間台湾で3社設立し、香港では出版社映像会社のCEOを歴任。2012年に帰国後KADOKAWA取締役として海外に6拠点を設立。常務執行役員を経て、19年4月顧問に就任、現在に至る。
【日程】11月16日(土)11:00-12:30

特別講演

「ジャンプの世界戦略:MANGA Plus海外配信の狙い」 
世界の大人気アニメのマンガ原作を多数生み出してきた少年ジャンプ。必然的に、海賊版となっている作品数も、読まれている数も膨大であることが予想されます。そんな少年ジャンプが今年世界に向けてリリースしたのが「MANGA Plus by SHUEISHA」。英語・スペイン語に翻訳した作品を、海外ユーザーに限定して、日本と同時に無料で読むことが出来るサービスです。巨人少年ジャンプが、世界に向けて何をしかけているのか?ジャンプ+担当者の籾山氏と、海賊版対策担当者の伊東氏に語っていただきます。

登壇者:伊東 敦(株式会社集英社 編集総務部 部長代理)
    籾山悠太(株式会社集英社 週刊少年ジャンプ編集部 少年ジャンプ+副編集長) 
モデレーター:椎名ゆかり(海外コミック翻訳者、ライター、東京藝術大学非常勤講師)

日程:11月15日(金)11:00-12:20
会場:としまセンタースクエア(豊島区役所本庁舎1階)
入場無料(要事前申込)

トーク・セッション

リード・カンパニー(あるいは個人)の登壇者が知見を持ち寄り、それぞれのノウハウを共有することで、参加者はそれぞれのビジネスモデル等からの学びを得られ、かつそれぞれのセッションから新しい知見を生み出すことを目指します。そして国内のマンガ・アニメカルチャーの中心である豊島区から、業界の全体的な底上げを働きかけます。各セッションはケーススタディや作品の上映を含んだりと様々な形で展開していきます。マンガ・アニメの様々な領域を横断する形で行うカンファレンスのトークセッションのテーマは、教育の最先端、テクノロジーのいま、映画祭の可能性、官民一体のあり方、新しいビジネスモデル、マンガ・アニメのエンターテイメント外での活用可能性、アーカイブ、クリエーションの現場、個人作家のキャリアデザイン、「聖地」のあり方 など。それぞれの分野をリードする第一人者たちが3日間にわたり集結します。

会場:としまセンタースクエア(豊島区役所本庁舎1階)・豊島区役所本庁舎5階会議室

ネットワーキング

IMART開催期間の全日程をとおして、登壇者と参加者が交流できる会場を用意しています。
会場:としまセンタースクエア(豊島区役所本庁舎1階)

プレイベント成果発表、授賞式

IMARTの一環で、10月から11月にかけて開催される新しいマンガ・アニメのかたちを生み出すプレイベント「マンガミライハッカソン」の受賞作品の各賞の発表、授与および成果発表と、「アニメーテッドラーニングとしま2019」の成果発表を期間中に開催します。

日時:詳細はpeatixへ。
会場:としまセンタースクエア(豊島区役所本庁舎1階)

マンガミライハッカソン詳細はこちら
アニメーテッドラーニング詳細はこちら

登壇者やタイムテーブル等の最新情報は、随時、公式サイト(マンガアニメ3.0内)および、東アジア文化都市2019豊島ウェブサイトで発表します。

イベント情報

日程

2019年
11月15日(金)~17日(日)


会場

豊島区役所本庁舎 1F としまセンタースクエア・豊島区役所本庁舎5階会議室


チケット料金

3日通し券 5,000 円、1日券 2,000円
豊島区民割引・学生割引:3日券 2,500円、1日券 1,000円 (豊島区民割引=在住・在勤・在学/要証明書提示、学生割引=要学生証提示)
*基調講演およびプレイベント成果発表・授賞式は無料(事前申込制)


チケット発売

2019年10月18日(金)19時発売(予定)

お申込みフォーム

問合せ

東アジア文化都市2019豊島実行委員会

ディレクター

株式会社ニューディアー代表

マンガナイト/レインボーバード合同会社代表