アトカル・マジカル学園 ヌイグルミ←(うらがえし)→ミルグイヌ ワークショップ|へんてこパペットづくり

2019.3.17


「変身する」をキーワードに舞台芸術を身近に楽しむ教室『アトカル・マジカル学園』が始まります。大月ヒロ子を講師として、親子でご参加頂けるヌイグルミを使ったワークショップを開催します。ヌイグルミを裏返すことで「変身する」楽しさを発見するプログラムです。


“いらなくなったもの“を捨てずに“クリエイティビティー(創造性)”を使って今まで見たことのない素敵なものに生まれ変わらせる「クリエイティヴリユース」。日本初のクリエイティヴリユースの拠点「IDEA R LAB」を運営する大月ヒロ子さんによるワークショップ。いらなくなったぬいぐるみを、ひっくり返したり、つぎはぎしたり、いろんなものと合体させたり、気がつけば大人もこどもも夢中になってどんどんアイディアが溢れ出す。いつの間にやら自分のモノの見え方も変わっちゃう、ぬいぐるみだけじゃなく自分も変身できちゃうワークショップです。

事業ディレクターからのコメント 多田淳之介
講師
大月ヒロ子
有限会社イデア代表取締役 ミュージアム・エデュケーション・プランナー

板橋区立美術館学芸員を経て、遊びと学びの空間デザイン、ソフト開発を行う有限会社イデア設立。大阪府立大型児童館ビッグバンの総合プロデューサー、東京国立近代美術館客員研究員、国立歴史民俗博物館客員准教授など歴任。2013年に日本初のクリエイティブリユース(廃材や端材、見捨てられた空間や土地を、人のクリエイティビティーを使って、新たな価値を持ったものに作り変える)の実験拠点IDEA R LABを開設し、国内外での活動にそのノウハウを生かしている。著書:『クリエイティブリユース──廃材と循環するモノ・コト・ヒト』(millegraph)他多数。グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、国際児童図書評議会賞、福武文化奨励賞など。

イベント情報

日程

2019年
3月17日(日)
14:00~16:30


料金

無料


対象

子ども(小学生以上)とその保護者


定員

15組


持ち物

古着(服、帽子、手袋、マフラー、ソックス、タイツ)や、不要になったぬいぐるみ、布を切れるハサミ、毛糸や糸、針、ぼたん、リボンなど


申込み

こちらの申込みフォームから
※先着順・定員になり次第、受付終了


会場

あうるすぽっと[豊島区立舞台芸術交流センター] 3F会議室


問合せ

東アジア文化都市2019豊島実行委事務局

ディレクター

演出家・東京デスロック主宰 (撮影:平岩 享)

このプロジェクトについて

アトカル・マジカル学園

「変身する」をキーワードに舞台芸術を身近に楽しむ教室が区内各地に出張開校。子どもも大人も老若男女全世代に向けたプログラム。