Oeshiki Project

2019.10.16 – 2019.10.18


江戸時代から伝わる年中行事「御会式」の日、音楽家たちと共にまちの物語に出会うツアーパフォーマンス《BEAT》を上演。


江戸時代から雑司が谷のまちに伝わる年中行事「鬼子母神 御会式(おえしき)」。地域住民を中心に最大数千人が太鼓を叩いて練り歩く夜、まち全体が楽器のように鳴り響き、祭りの高揚感に震えます。

この御会式当日に、「都市のビート」をテーマとした新作ツアーパフォーマンス《BEAT(仮)》を上演。ツアーの締めくくりとして参加者も行列に合流し、地元講社とともにビートを打ち鳴らします。

まずはアーティストたちが御会式の独特な太鼓のリズムや背景を学ぶため、2018年夏より御会式と地域に密着した取材をはじめました。中国出身のアーティストをクリエーションチームに迎え、豊島区在住の外国人の方の暮らしや文化についてもリサーチを行います。また、2019年春からトークやワークショップといった関連イベントを通じて創作プロセスを公開。

豊島というまちの多様性、そして「共に歩く」ことを問いながら、年齢、性別、国籍、言語を越えてさまざまな人が地域の営みを深く体験できるプロジェクトです。

Photo ©​​ Ryuichiro Suzuki 鈴木竜一朗

〈クレジット〉
作:石神夏希、シャオ・クゥ × ツゥ・ハン
音楽ディレクター:清宮陵一
ドラマトゥルク:安東嵩史
空間資源活用ディレクター:嶋田洋平
リサーチ:井上知子、ペピン結構設計
〈協力〉
御会式連合会、法明寺

イベント情報

日程

2019年
10月16日(水)〜18日(金)


会場

あうるすぽっと、豊島区内各所


問合せ

東アジア文化都市2019豊島実行委員会

ディレクター

劇作家・NPO法人 場所と物語 理事長 (撮影:菅原康太)