アトカル・マジカル学園 アート体験支援型託児 アートサポート児童館

2019.10.30 – 2019.11.3


子育て中でもアートを楽しむ!子どもだってアートを楽しむ!託児所+アート=アトサポ児童館!


子育て中の親のアート鑑賞と、子どものアート体験を両立させるアート体験支援型託児プログラム。親にとっての「自分だけ楽しんでる」後ろめたさ、子どもたちにとっての「預けられた」という負のイメージを払拭し、「また預けたい」「また行きたい」と思える、託児の概念を変革させるプロジェクト。東京芸術祭2019のプログラム観劇のほか、映画、音楽、美術鑑賞などにもご利用いただけます。

子どもがいるからアートから遠のくなんてもったいない!以前と変わらず、いや、子育てしてる今だからこそ、自分を刺激したり、癒されたり、アートを楽しむタイミング!是非今このタイミングに、映画を見たり美術館に行ったり、東京芸術祭のワールドコンペティションで世界中の演劇と出会ったり、好きなアートに出かけましょう!その隙に子どもたちも、オリジナルハッピを作って変身したり、古着やボタン、ぬいぐるみ、いらなくなったものをオリジナルパペットに変身させたり、自由な発想でアートを楽しんじゃいます!大人も子どもも遠慮なく、当たり前にアートを楽しむ未来へレッツゴー!

アトカル・マジカル学園 学園長 多田 淳之介

【 プログラム内容 】
10/30(水)、10/31(木)
「HAPPYハッピ作り」
講師:多田淳之介
自分の好きな色、好きな素材、好きな絵を描いたり好きな写真を貼ったり、自分がHAAPYになるもので埋め尽くされたオリジナルハッピを作ってファッションショーをしよう!

11/2(土)、11/3(日)
「つくってあそぼ!パペットシアター」
講師:大月ヒロ子
いらなくなったぬいぐるみや、古着、手袋、ソックス、はぎれや毛糸で、小さなパペットを作り、小さな舞台で動かしてみましょう。

申し込みに必要な条件
・アートサポート児童館に子どもを預ける時間に保護者の方がアート体験をすること ・記録・広報用撮影に同意すること。(アートサポート児童館の様子を撮影し、東アジア文化都市2019豊島の広報用に使用させていただきます。)
アート体験とは?
①演劇やダンス、音楽、美術、映画などの鑑賞 ②陶芸の体験 ③ダンス教室でダンスをする ④和菓子を作る ⑤俳句を詠む ⑥お茶会に参加する etc...
その他の託児
東京芸術劇場でご鑑賞の方は、「アート体験支援型託児 アートサポート児童館」対象年齢外(3か月~3歳)の子どもを対象とした託児サービス(要事前予約、有料)をご利用いただけます。ご希望の方は東京芸術劇場公式ホームページをご確認ください。

イベント情報

日程

2019年
10/30(水)13:30-21:30
10/31(木)13:30-21:30
11/2(土)13:30-21:30
受付時間:13:30、14:30、15:30、16:30、17:30、18:30、19:30(最終受付)

11/3(日)12:30-17:30
受付時間:12:30、13:30、14:30、15:30(最終受付)

受付時間の15分前にお越しください


時間

原則3時間 (2時間以上~利用可)


料金

500円 (プラス500円で最長6時間まで利用可)


対象

4歳~小学生


会場

東京芸術劇場 アトリエイースト


申込み

9月15日(日)10:00からWEBで受付
お申込みフォーム
※参加代金は当日、受付にて精算となります
※必要事項を入力の上、ご予約ください
※当日については、予約に空きがある場合にのみ受付いたします


問合せ

東アジア文化都市2019豊島実行委員会

キャンセルほか、当日のお問合せはこちら
TEL: 080-4132-8738

ディレクター

演出家・東京デスロック主宰 (撮影:平岩 享)

このプロジェクトについて

アトカル・マジカル学園とは
「変身する」をキーワードに舞台芸術を身近に楽しむ教室が区内各地に出張開校。子どもも大人も老若男女全世代に向けたプログラムです。