創形美術学校50周年版画展

2019.9.18 – 2019.9.23


日・中・韓の創形美術学校卒業生による版画作品が一堂に会する展覧会です。


創形美術学校の版画科は日本最初の版画科として、1969年学校創設時にスタートし、現在ではファインアート科版画専攻としてそのDNAを受け継いでいます。
現在でこそ美術大学等における版画教育も普及し、版画科を設置する大学も増えてきましたが、版画を専門に学べる学校は当時数える程しかありませんでした。

今回、本校がコレクションしている卒業生の版画作品約40点の展示となります。さらには日・中・韓の創形卒業生による版画作品が一堂に会する初めての展覧会ともなります。展示作品の多くは当時の卒業制作であり、青春時代の作家たちが自分の表現を手探りで探し求めている気迫を感じずにはいられません。

50年に渡る創形美術学校の版画の歴史の中で生まれてきた数々の作品たちの声を感じ取っていただければ幸いです。

チラシPDF

〈主催〉
学校法人高澤学園 創形美術学校

イベント情報

日程

2019年
9月18日(水)~23日(月祝)
11:00~18:30
※最終日は15:00まで


料金

無料


会場

東京芸術劇場展示ギャラリー2


問合せ

創形美術学校 (担当 鈴木)
MAIL sokei@sokei.ac.jp
TEL 03-3986-1981


このプロジェクトについて