としマンガ としアニメ キャラバン vol.2

2019.6.22 – 2019.6.23


マンガ・アニメを「読む・観る」だけでなく、「語る・創る」ワークショップを区内全体を回って行う移動式プログラム。第2回を巣鴨郵便局3Fで開催。


6/22-23 10:00-17:00

|常時開催|


「自分の絵が動く!ソーマトロープと驚き盤」
「4コママンガクイズ」

読む 観る 創る

伝説のアパート「トキワ荘」ゆかりのマンガ家たちの作品や日本・中国・韓国のアニメーションをのんびり楽しむことができます。アニメーションの原点といわれる視覚おもちゃを簡単に創れるコーナーや空いたコマを埋めてマンガの基本を楽しむクイズを解いてから「としま子ども4コマ漫画大賞」の応募作品をその場で書けるコーナーもあります。

6/22 13:00-15:00

観る 語る 整理券

アニメーション上映&トーク 韓国|ホン・ハクスン特集

片目をつぶったウサギ「ウインク・ラビット」の世界を、アニメーション・絵画・マンガなどで幅広く展開する人気作家ホン・ハクスンが韓国から来日し、紹介します。

上映作品(予定):「ティティリブーのマンディンさん」「ウィンク・ラビット」「ワルツ・ドリーム」 日本語字幕つき

トーク聞き手:土居伸彰(東アジア文化都市2019豊島マンガ・アニメ部門事業ディレクター)

「ウィンク・ラビット」
「ワルツ・ドリーム」

6/22 15:30-17:00

観る 語る 整理券

アニメーション上映&トーク 中国|留学生たちの作品から見える中国

中国から日本に留学し、アニメーションを制作している作家の特集上映。

上映作品(予定):「コップの中の子牛」シュ・ゲンドウ/「星々」「四月」シュウ・ショウリン日本語字幕つき

トーク出演:シュウ・ショウリン
トーク聞き手:土居伸彰(東アジア文化都市2019豊島マンガ・アニメ部門事業ディレクター)

「コップの中の子牛」
「四月」

6/23 10:30-14:00

創る 整理券

リスの国の住人になろう

さまざまな動物が登場するアニメーションを制作しているホン・ハクスンがリスの国の入国審査官役に扮し、いろいろな質問や会話をしながら、あなたの似顔絵をリスの国の流儀で描きます。

対象:小学生以上〜18歳 ※小学生未満は保護者付添いで参加可
定員:18名  所用時間:10分程度

創る 整理券

いっしょにつくろうマンガ似顔絵

参加者が選んだ漫符(マンガの記号)に合わせて戸城イチロ(漫画家)が似顔絵を描きます。フキダシに台詞を自分で書き込むと似顔絵付きの1ページマンガが完成します。

対象:小学生以上 ※小学生未満は保護者付添いで参加可
定員:18名  所用時間:10分程度

6/23 14:30-16:00

観る 語る 整理券

アニメーション上映+パフォーマンス&トーク 日本|姫田真武特集

「歌って踊れるアニメーション作家」として世界で人気の姫田真武による上映とトーク、ライブパフォーマンス。アニメーションに合わせたパフォーマンスです。

上映作品(予定):「ようこそぼくです」シリーズ傑作選

トーク聞き手:土居伸彰(東アジア文化都市2019豊島マンガ・アニメ部門事業ディレクター)

「なにぬねのの」
「ぼくらのポケット百面相」

アーティスト

ホン・ハクスン Hong Haksoon

ソウルを拠点に活躍するアニメーション作家、アーティスト。大ヒット韓国映画『隠された時間』では主人公演じる少年が描く謎の文字を担当。

シュウ・ショウリン Zhou Xiaolin

1993年中国生まれ。2015年10月来日、現在多摩美術大学大学院デザイン専攻グラフィックデザイン領域在学中。現代詩をモチーフにした切り絵アニメーションを多く制作している。

姫田真武 Manabu HIMEDA

宮崎県生まれ。作詞、作曲、歌、パフォーマンスなどに手を出し、自作自演のうたとアニメーションシリーズ「ようこそぼくです」を制作している。

戸城イチロ Ichiro TOJOU

『難しい内容を楽しくわかりやすく伝えることが出来る』、という漫画のメディア的な特性を生かし、さまざまな執筆を行う。新人漫画家支援を行っている、トキワ荘プロジェクトの卒業生。

イベント情報

日程

2019年
6月22日(土)、23(日)
10:00-17:00


料金

無料 入退場自由


その他

整理券

当日の10:00より会場にて配布


会場

巣鴨郵便局 3F 特設会場


問合せ

東アジア文化都市2019豊島実行委員会

ディレクター

株式会社ニューディアー代表

マンガナイト/レインボーバード合同会社代表

このプロジェクトについて

としマンガ としアニメ キャラバンとは
マンガ・アニメを「読む・観る」だけでなく、「語る・創る」ワークショップを区内全体を回って行う移動式プログラム。