東アジアのdaidokoro〈節句で楽しむ日・中・韓の食文化〉第2回「端午の節句」

2019.5.3


日中韓の節句料理を楽しみながら、食文化を通して交流を深めましょう。第2回目のテーマは「端午の節句」です。


「節句(節供)」は生活の節目に催された祭事で、中国から伝わり季節ごとの食べ物を神様に供えて節日を祝う行事です。

日本では端午の節句というと「鯉のぼり」「柏餅を食べる」「兜など男の子のお祭り」というイメージを何となく持っていて、実は詳しい意味をご存じない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。また中国、韓国にも端午の節句の行事があることも、あまり知られていないように思います。
本イベントでは日本だけでなく中国、韓国における節句の意味と、調理デモンストレーション付きで各国の節句料理とお飲み物をご紹介します。

もうひとつのdaidokoroでは「知る、学ぶ、出会う」をコンセプトに、今回も知って楽しい・食べて美味しい・食の文化交流の場をつくります。

堅苦しい場ではありませんので、どうぞお気軽にご参加ください。皆様のお越しをお待ちしております!

〈主催〉
もうひとつのdaidokoro

イベント情報

日程

2019年
5月3日(金祝)18:00-20:00


料金

3,000円


定員

先着45名
※チケットが売切れ次第、受付終了となります。


申込み

チケット販売サイトpeatixよりチケットをご購入ください。
http://ptix.at/n92jjb


会場

もうひとつのdaidokoro
WACCA池袋 5F


問合せ

もうひとつのdaidokoro
http://daidokoro.wacca.tokyo/contactus/

このプロジェクトについて