2019年11月2日

11月2日 日本 豊島区交流事業 東アジア文化都市2019豊島 交流事業特別公演レポート



11月2日、東アジア文化都市2019豊島交流事業特別公演が11月1日にオープンした東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて開催されました。


記事掲載:2019年12月19日

11月1日にオープンした国際アート・カルチャー都市のシンボルHareza池袋。11月2日、3日に「池袋アニメタウンフェスティバル」が開催され東アジア文化都市2019豊島最大の盛り上がりを迎える中、「東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)」にて中国西安市、韓国仁川広域市から芸能団を招き、日本代表である豊島区を加えた3都市の芸能団による交流事業特別公演が行われました。

主催者として、高野之夫豊島区長、森孝之文化庁審議官が挨拶しました。
高野之夫豊島区長は、「2月1日に開幕式典を東京芸術劇場で開催し、もう今月は閉幕式典の月。あっという間にこのような文化交流が進んできたのだと思い起こしました。これからも未来へ向けて豊島区が国際文化都市としてますます発展していけるように区民の皆様とがんばっていきたい。」と述べました。


高野之夫 豊島区長

森孝之文化庁審議官は、「東アジア文化都市事業についても、この事業を通じて高まった文化交流の機運が、2020年、そしてさらにその先へとつながっていくことを期待しております。」と述べました。


森孝之 文化庁審議官

続いて2019年東アジア文化都市開催都市から韓国仁川広域市趙寅權(チョ・インクォン)仁川広域市文化観光局長、中国西安市王偉(ワン・ウェイ)西安市人民政府副秘書長が挨拶しました。
趙寅權(チョ・インクォン)仁川広域市文化観光局長は、「本日、東アジア文化都市交流事業も楽しく観覧して、「はらはら、どきどき文化がいっぱい」な豊島区になることを祈りながら、東アジア間の緊密な文化交流が持続的に続くことを期待しております。」と述べられ、王偉(ワン・ウェイ)西安市人民政府副秘書長は、「互いの交流を強化し、漫画アニメ産業資源を共有し交流協力の中で理解を深め、さらなる友情の発展と共に進み、新しい時代の東アジア文化発展のため特色のある素晴らしい1ページを描けることを願っています。」と述べられました。


韓国仁川広域市 趙寅權(チョ・インクォン)仁川広域市文化観光局長

中国西安市 王偉(ワン・ウェイ)西安市人民政府副秘書長

そして、芸能団による交流事業特別公演は韓国仁川広域市ウェスト・ウィンド・オーケストラからスタートしました。「アラジンメドレー」、「キャラバン」では映画の世界から飛び出してきたようなダンサーがエキゾチックなダンスを演奏に合わせて披露し、「L-O-V-E」「ディズニープリンセスメドレー」では、ミュージカル歌手イ・ヒジュさんが伸びやかに力強く歌い上げました。終始会場を圧倒する演奏に客席は拍手喝采。指揮者のペク・ジョンソンさんも演奏を終えた後、「素晴らしい劇場で熱い拍手をたくさんいただきとても嬉しく思います。」と述べました。


韓国仁川広域市 ウェスト・ウィンド・オーケストラ、ミュージカル歌手 イ・ヒジュ

中国西安市は秦腔劇団の西安三意社が演目を披露しました。西安三意社は秦の時代から行われている伝統芸能「秦腔」を上演する著名な劇団です。代表の候紅琴(ホウ・ホンチン)さんは上演前に「文化交流を通じ中国の伝統文化が伝われば。」とお話しされました。
中国書道とソロダンスでは伸びやかな踊りと見事な書に客席からは感嘆の声が上がり、秦腔劇「楊門女将」では華やかな衣装と伝統楽器による生演奏で宋の時代の戦を表現しました。西安市を代表する兵馬俑をモチーフとした「兵馬俑物語」ではLEDに映し出される実際の兵馬俑の映像を背景にドラマティックに中国伝統文化の優美さ、雄大さを観客へ伝えました。


中国西安市 西安三意社

開催国日本豊島区は「30-DELUX」による歌舞伎演目三大名作の一つである「義経千本桜」を基に、源義経の半生を綴ったアクション冒険活劇「YOSHITSUNE~thousand-cherry-tree~」を披露しました。代表の清水順二さんは上演前に「「豊島区にブロードウェイを作りたい」という高野区長の言葉に感化されて以来豊島区に事務所を構えている。」とお話しされました。
演目は殺陣と踊りが入り混じる圧巻のパフォーマンスで役者がステージを縦横無尽に駆け巡ります。観客を巻き込み笑いをとったかと思えば、泣かせてくる場面も多く、観客の心を鷲掴みにしました。


日本豊島区 30-DELUX

最後は高野之夫豊島区長、趙寅權(チョ・インクォン)仁川広域市文化観光局長、王偉(ワン・ウェイ)西安市人民政府副秘書長と芸能団全員が登壇し、記念撮影を行いました。

11月1日にオープンしたばかりの東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で3都市の芸能団による素晴らしい演目が披露されました。東アジア文化都市2019豊島交流事業特別公演を通じて3都市の交流はさらに深まりました。